FC2ブログ

chant a charm (チャント ア チャーム) クレンジングミルク

 09, 2018 09:20
4月に入りました。

子供たちも進級し、あわただしい日々が続いています。

今年はヒノキ花粉の量がひどく、目がかゆくなったり肌が不調になりがちです。

こういう時こそ、肌にやさしいタイプを使用したいものです。


さて少し前からモニターさせていただいているのがchant a charm (チャント ア チャーム) クレンジングミルクです。

ここ最近は、洗浄力の強いオイル系のクレンジングを使用していたのですが、久しぶりにミルク系を使用していいな~と感じました。


chant a charm (チャント ア チャーム) クレンジングミルク
オイルの洗浄力とミルクの保湿力を兼ね備え、水系の汚れからハードなメイクまでしっかりオフ。
ダブル洗顔不要で汚れをきちんと落としながらも、肌に必要なうるおいを残します。


20180409090934c5a.jpg
こちらがchant a charm (チャント ア チャーム) クレンジングミルクです。

20180409090945d8e.jpg
口コミサイト@コスメのシールが貼ってありました。
なんとミルククレンジング部門で第一位になったことがあるそうです。
この@コスメのシールが貼ってあるだけで、購買欲が高まります。


20170830100503c1f.jpg
透明セロファンを外すとこんな感じ。
ナチュラルテイストでおしゃれなボトルデザインです。


201708301005169b4.jpg
真っ白のミルクです。


201708301005262a0.jpg
アイライナー、アイシャドウ、口紅です。
いずれも落ちにくいものを選んでいます。

chant a charm (チャント ア チャーム) クレンジングミルクをなじませるとオイル状になり、しっかりオフできました。




さてこちらのchant a charm (チャント ア チャーム) クレンジングミルクは、ミルクを肌になじませると、 ミルクがとろけてオイルに変化し、ぬるま湯で洗い流すときに再びミルクに変化し洗いあがりはしっとりもっちりのうるおい肌になるタイプのミルククレンジングです。


つまりミルク→オイル状→ミルク

といった3ステップ。


さらに配合成分にも注目したいところ。

山梨の自社農場で育てた無農薬ハーブエキスを配合
・ゼニアオイ花エキス(保湿・角質ケア成分)
・エキナセア=ムラサキバレンギクエキス(保湿・肌荒れ防止成分)
・セイヨウノコギリソウエキス(保湿・収斂成分)

北アルプス温泉水
天然由来のアミノ酸を配合


しかも香りもとてもよくて、メイクとなじませているとき癒されます。


ミルククレンジングって落ちにくいメイクはどうしても残ってしまうイメージがあったのですが、こちらのchant a charm (チャント ア チャーム) クレンジングミルクはきちんとオフできました。


しかもまつ毛エクステの方も使用できます。


100%自然成分というのもうれしいところです。

花粉のせいで肌がとても不安定になっていたのですが、こちらのクレンジングは肌にもやさしく、しっかりメイクを落としてくれるのでとても重宝しています。



@コスメへの口コミはこちら⇒http://my.cosme.net/open_entry_review/show/review_id/506309900

Instagramへの投稿はこちら⇒https://www.instagram.com/p/BhVDOqWg_Am/

Twitterへの投稿はこちら⇒https://twitter.com/watakochan1/status/983136813517713413

Facebookへの投稿はこちら⇒https://www.facebook.com/chan.watako/posts/592058401155242

スポンサーサイト

WHAT'S NEW?